【CERO SINOI CERCUIT】栃木県宇都宮市のサーキット

S660

S660

ここでセットアップしたかのような走りを見せてくれるS660。

 

いよいよ最後のテスト車である、S660の登場である。

 

エントリー唯一の軽自動車だが、今回のようなタイトなサーキットを得意としそうで楽しみだ。

 

一般道で感じたボディの弱さがサーキットでは気にならなかった。

 

実際はボディが揺れているんだろうけど、ある一定の所で止まっている感じがして、それが功を奏しているのだろう。

 

リアのスタビリティがすごく高くて、何をやっても路面にくいついて離さない感覚。

 

サスペンションのジオメトリーが路面に対していい角度になっているんだろうね。

 

ただ、相対的にフロントの弱さを感じた。

 

もう少し応答性を良くしたいところだ。

 

ステアリングを切った瞬間はすごくクイッと曲がるんだけど、それあとから急に鈍くなるんです。

 

そして、エンジンは正直いまいちですね。

 

サーキットではパワー不足を感じるのは軽自動車だから仕方ないかもしれないんですが、もう少しスポーティなフィールが欲しいです。

 

実用車と同じような感覚なんですよ。

 

しかし、S660は思いのほかいいクルマでした。

 

もっと緩慢な動きなのかと思っていましたが、意外にきびきびと走るし、サスペンションのバランスもとてもよかった。

 

また、ブレーキの剛性管やレスポンスも良かったですね。

 

パワーがないこともあるんだけど、唯一1コーナーをアクセル全開で入れてみました。

 

裏のシケインも全開のまま抜けられるし、ここ(ヒーローしのいサーキット)でセットアップしたんじゃないかと思うくらい、各コーナーに合致した動きをします。

 

また、クリッピングからアクセルを踏み込んだ時のイン側タイヤのホイールスピン量がものすごくいい。

 

それがほんの少しだけ向きを変えるのに役立ってくれるんです。

 

エンジンがもう少し頑張ってくれさえすれば、よりエキサイティングなクルマになること間違いなしと言えますね。

 

テクニカルレイアウトのサーキットで、水を得た魚のように走るS660。

 

タイムだけではない、パワーを使い切って走れるような面白さがありました。

 

オーディオはラジオのみという、必要最小限の装備のみを搭載した、スパルタンなコックピットでいどみました。