【CERO SINOI CERCUIT】栃木県宇都宮市のサーキット

86

86

路面とのあたりがしなやか。

 

日本のスポーツカーの定番、86もテスト。

 

試乗車はオプションのザックス製ダンパーを装着。

 

ダンパーがすごくしなやかなんだけど、サーキットでは動きすぎるかな。

 

ロールが大きい分コーナーの出口でパワーをかけるのが遅れる。

 

もう少し固くしても乗り心地は犠牲にならないだろうし、クルマの動きを減らせるよね。

 

ただ、路面とのあたりはしなやかで、接地がしっかりしているから、急にトラクションが抜けるようなことはない。

 

もうちょっと固めたいと思うけど、乗り心地もいいし、いいサスペンションだと思います。

 

それに対してエンジンは全体的に鈍い感じ。

 

高回転までまわしてもパW-アが付いてこないし、レスポンスもイマイチ。

 

86の課題はエンジンの進化だろうね。

 

着座位置が低く、またもともとの重心位置がいいためか、ドライバーが直感的に「このクルマは大丈夫」という印象を与えてくれる。

 

エンジンは後期型になって高回転の伸びが良くなり、走る気にさせてくれますよね。

 

ハンドリングは素直だけど、フロントとリアが別々に仕事をしているように感じて、ドライバーが気にするところを切り替えながら走らないといけない感覚がある。

 

ロードスターの方が一体感がありますね。

 

ザックスのサスペンションは、取り立てて「ここがいい」という点はないけど、素直な反応で扱いやすいのがいいところ。

 

FRの入門編としてはすごくいいですよ。

 

※前期型よりも確実に進化していると評価を受けた86 KOUKI。
タイヤのグリップに頼らない素性の良さは、ロードスターと並び高評価だった。

 

「サウンドクリエータ」によって、ドライバーをやる気にさせるサウンドが車内に聞こえる。

 

素直な挙動で、初心者から上級者まで楽しめるFR車として、ドライバーから評価を受けた。
86は、中古車市場にも多く出回っているので、価格的にも手に入れやすくなっている。